• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > 弔い出陣の吉田に他国選手“もらい泣き”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弔い出陣の吉田に他国選手“もらい泣き”


前日計量に臨んだ吉田に他国の選手が言葉をかけた

 レスリングの国別対抗団体戦女子ワールドカップ(15、16日、東京・小豆沢体育館)出場を決めた吉田沙保里(31=ALSOK)が14日、チームに合流した。11日に父・栄勝さんがくも膜下出血で逝去。14日は実家の三重・津で午後0時30分から告別式に参列した後、電車を乗り継ぎ、午後6時30分に東京・北区での計量を無事に済ませた。

 本来は午後5時45分からの開始予定だった。告別式後では間に合わないが、国際レスリング連盟(FILA)がわざわざ時間変更したと思われていた。だが、時間変更の理由は会場の都合だった。「吉田のためではありません。会場の準備が間に合わなかっただけの理由です」(レスリング協会関係者)

 異例の変更で他国から猛反発が出る可能性もあったが、同関係者は「一切クレームはありませんでした」という。すでに他国の選手にも吉田がチームを離れた理由は知れ渡っていた。逆に泣き腫らした顔の吉田に全出場国の選手たちが歩み寄り励まし、中には泣きだす選手もいた。

 女子レスリング界最強のスターだが「みんな吉田のためなら、との気持ちが働いたのではないか」(協会関係者)と女王の貫禄と人柄がなせる業だったようだ。吉田は「父もチームの一員として一緒に闘ってくれると思う」。父のため、応援してくれる仲間のためにも全力を尽くす。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!