• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > 高藤が新技「直車」で男子60キロ級2連覇!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高藤が新技「直車」で男子60キロ級2連覇!


高藤(顔写真)は新技「直車」で一本勝ち

 柔道の「グランドスラム東京2013」初日(29日、東京体育館)、男子60キロ級で世界選手権金メダルの高藤直寿(20=東海大)が2連覇。決勝で一本勝ちした新型の肩車を、自らの名前を加え「直車」(なおぐるま)と命名した。

 この新技は通常の肩車とは違い、相手の肩でなく、片襟をつかんで担ぎ上げるのが特徴だ。試合後、高藤は本紙に「直車」と命名したと明かしたが、わざわざ自分の名前をつけたのは開発者だからという理由だけではない。この技が誰にもマネできない“唯一無二”の必殺技だからだ。

 高藤は胸を張りながら「自分しかやらない肩車ということで。たぶん、ほかの人だったら決めれないと思います」。さらに新技は相手が対応してくるため“寿命”があるものだが「会心のデキなんで未知数です」と現時点では、破られる場面すら想像できないという。まさに無敵のフィニッシュホールドだ。

 しかも新技「直車」の開発で、これまで返されることも多かった一般的な肩車も生き返る。高藤は「あれもいくつか入るパターンがあるのでまだ使えると思う」と今後は相乗効果も期待できるという。

 3日の全日本学生体重別団体優勝大会で左肩を亜脱臼。強行出場して優勝しただけでなく、大きな成長を示した。井上康生監督(35)も「異常なまでの執念、意地」と高く評価した。来年の目標を「1年間無敗」と言い切る高藤は、必殺技を武器に3年後のリオデジャネイロ五輪に向けて突き進む。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!