• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > ケタ外れのパワー!日本柔道重量級の救世主か

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケタ外れのパワー!日本柔道重量級の救世主か


2020東京五輪 本紙イチ押しヒーロー&ヒロイン

 

名前通り精悍な顔つきのウルフ

 柔道男子で将来を嘱望されるのは100キロ級のウルフ・アロン(17=東海大浦安高3年)だ。

 

 父が米国人のハーフ。日本人離れしたパワーで「高校最強」の称号をほしいままにしている。柔道を始めたのは小学校入学直前の3月。母方の祖父に勧められ“柔道の総本山”講道館(東京・文京区)の春日柔道クラブの門を叩いた。恵まれた肉体を武器に頭角を現し、注目される存在に。

 

 主戦場は100キロ級だが、今年のインターハイでは100キロ超級で優勝した。「リオはまだ早い」と2016年リオデジャネイロ五輪は考えず、20年東京五輪出場に照準を合わせる。「ボクは生まれも育ちも新小岩。地元で開催されるのは親戚の人たちもいるし、すごくうれしい。一つひとつ勝っていけば、オリンピックにつながる」

 

 印象に残っている五輪の記憶は2つある。現在、全日本男子の監督を務める井上康生氏(35)が2000年シドニー五輪100キロ級決勝で内股を炸裂させた場面。同じく全日本重量級コーチを担当する鈴木桂治氏(33)が04年アテネ五輪100キロ超級決勝で、小外刈りで一本勝ちしたシーンだ。「中学に入って、柔道にだいぶ興味を持ち始めからユーチューブで見て、すごいなと」と衝撃を受けた。

 

 自身の柔道もパワーを生かした豪快な勝ち方が持ち味。「技でもそうですけど、相手を力で圧倒したい。日本人の足りないところは力がない。力には技だけでなく、技と力で対抗できる選手になりたい」と理想を掲げる。ベンチプレスで140~150キロを持ち上げる怪力。強豪で知られる同校の練習は週7回で「家にいる時間は寝るだけ」と、まさに柔道漬けの日々を送っている。

 

 英語で「オオカミ」を表す名前は格闘家にぴったり。実は「ウルフ」は名前ではなく、名字だという。「名字はかっこいい。名前だけで相手を威嚇できるかもしれない」とウルフ本人もお気に入りだ。将来は米国代表の可能性もあるが「今のところ日本で考えている」。来春から名門・東海大に進学。まだまだ進化を続ける怪物が低迷するニッポン柔道重量級の救世主となるのか。

 

 ☆ウルフ・アロン 1996年2月25日生まれ、東京都出身。6歳の時、祖父の勧めで柔道を始め、文京区立第一中から東海大浦安高に進学。2012年インターハイ100キロ級3位、今年は100キロ超級で優勝。180センチ。得意技は大内刈り、内股。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!