• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > アイスホッケー連盟分裂問題「全部奥住会長のせい」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイスホッケー連盟分裂問題「全部奥住会長のせい」


臨時評議員会で険しい表情を見せる坂井寿如暫定強化本部長(左)

 分裂問題で内閣府から勧告を受けた日本アイスホッケー連盟にようやく正常化の道が開けた。

 

 24日に都内で臨時評議員会が開かれた。混乱を招いた責任を追及され、坂井寿如暫定強化本部長(49)が土下座して謝罪するなど大荒れとなったが、最後は前向きな方向でまとまった。直後の臨時理事会で、30日の臨時理事会で理事の互選により新会長を選出することが決定。ようやく出口の見えないトンネルから脱出したが、この騒動の原因は一体どこにあったのか。

 

「全部奥住さん。本人も認めている」と奥住恒二会長(71)の“暴走”を指摘したのは、新旧両方の執行部と頻繁にコンタクトを取り、騒動の行方をつぶさに目撃してきた高知の高谷勉評議員(53)だ。高谷氏によると、奥住会長は連盟内に派閥を生み出し、分裂助長を招いたという。

 

「西とか東とか、あっち派とかこっち派とか。おかしいでしょ。それって小学生のチームの生徒が言うことじゃない? 会長が言う言葉じゃないでしょ」(高谷氏)。さらに奥住会長は2011年の会長就任の際、西日本の評議員の支持を受けながら「西の人間が20県集まったところで、東京都に及ばない」と豹変したことも亀裂を決定的にしたという。

 

 高谷氏は「坂井たちの嫌な部分も見たし、奥住さんの愚かな部分も両方見たからもういい」とこの日限りで評議員を辞任した。振り回されたのは選手や関係者も同じ。新執行部は過ちを繰り返さないよう30日の臨時理事会ではこの日欠席した5人の理事にも出席を求め、一致団結で新会長を選出する方針だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!