• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > 勝てない日本女子柔道に小川「全て全柔連の責任」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勝てない日本女子柔道に小川「全て全柔連の責任」


【ブラジル・リオデジャネイロ30日(日本時間31日)発】柔道の世界選手権5日目(マラカナジーニョ体育館)、これまで金メダル3個を獲得している日本男子は90キロ級のエース西山将士(28=新日鉄住金)が2回戦敗退。女子は若手のエース候補が出場した70キロ級、78キロ級と総崩れで、22年ぶりとなる金メダルゼロの危機に陥った。世界選手権のたびに金を量産してきたニッポン柔道に何が起きたのか。暴走王・小川直也(45)は「全て全柔連のゴタゴタの責任!」と指摘した。

 

 女子は2つの階級ともに世界との差がはっきり出てしまったな。これで5日目を終わって金メダルなしか。女子低迷の理由はただ一つ、明らかに全柔連(全日本柔道連盟)のゴタゴタ続きが原因だよ。

 

 暴力・パワハラ、セクハラ、助成金と社会的問題が出てきて、あれだけ騒ぎになった。選手に動揺するなというほうが無理な話。精神的な影響が大きく、なかなか練習に打ち込めなかったはず。口では「関係ありません」と言ってても、どこに行っても「柔道はどうなってるんだ?」といろんな人から聞かれただろうしな。早めにゴタゴタを収束できなかった全柔連の責任は大きいよ。

 

 ただ、この流れだと、暴力・パワハラ問題があって、コーチが遠慮して選手に厳しく接することができなくなったから…という声も出てきそうだ。

 

 でも、それはどうかな。本当の世界のトップたちはコーチから何だかんだ言われなくたって、自分から追い込んだ練習ができるもの。逆に言うと、自分でできるヤツじゃないと世界のトップになれないよ。

 

 だいたい、南條(充寿)監督の新体制になってからまだ5か月だろ。しかも前監督とスッタモンダあった後で、選手とコーチ陣が信頼関係を築けるかって言ったら、そりゃ無理だ。去年の11月からやってる男子の(井上)康生監督と比べるのはちょっとかわいそう。

 

 今回は「仕方ない」と割り切って、あくまで3年後のリオ五輪を見据えてやっていけばいい。勝負はここからだよ。低迷した今大会を糧に再スタートを切ってほしいね。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
「平昌五輪」羽生結弦、小平奈緒が金メダル!
4年に一度の大舞台に挑む注目選手の情報、競技速報をお届けします!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
たんぽぽ賞(20日、佐賀競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!