• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > 【パラアスリート支える最新鋭器具(3)】選手の耳にしっかり届く極上音ボール

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【パラアスリート支える最新鋭器具(3)】選手の耳にしっかり届く極上音ボール


見た目は何の変哲もないサッカーボールだが…

【東スポ2020現場最前線】2020年東京パラリンピックは8月25日に開幕する。本番まで2年を切り、障がい者スポーツも盛り上がりを見せてきているが、競技の理解を深めるには、器具を抜きにしてはありえない。そこで今回は最新鋭の器具を大特集。ピックアップしたのは車いす、義足、ブラインドサッカー(視覚障がい者5人制サッカー)ボールの3つだ。各メーカーに強みや工夫を取材すると、そこには職人たちの「ものづくり」の精神があふれていた――。

 アイマスクを着用し、視覚を閉じた状態で音や声を頼りにボールを蹴るブラインドサッカー。そのボールを製造する国内唯一のメーカーが「sfida」ブランドを有する株式会社イミオだ。きっかけは2010年、日本ブラインドサッカー協会からの依頼だった。当時、日本で使用していたボールは外国製。注文の手間や輸入コスト、品質に課題があり、国内ブランドへの切り替えを模索していた。イミオは通常のサッカーボールの製造を手がけており、製造ノウハウがあった。

 8年間で数回の改良を重ねた。こだわったのは「音が大事、音が命」(倉林啓士郎社長)。ブラインドサッカーのボールは振るとシャカシャカと音がする。視覚障がいを持つ選手はこの音を頼りにプレーする。ボールの表面に埋め込んだ4センチほどの金属製ディスク内に鉛の球が入っており、ボールが動くたびに音が発生する仕組みだ。

 会場には観客がいる。音量が小さかったり低音ではいけない。鉛ではなく木材を入れたり、ディスクの個数や配置について何度もテストした。試行錯誤の末、しっかりと選手の耳に届く極上の音にたどり着いた。「sfida」は国際大会で使用される外国製ボールと比較しても「音に関してはウチのほうがいいと言ってもらえている」(同)と高い評価を得ている。デザインや耐久性も進化し、国内では安定したボールの供給を実現。業界全体の成長を足元から支えている。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIII滝澤正光杯in松戸】松戸競輪場で13日開幕!
注目選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!