• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > スポーツ界でまたパワハラ…日体大駅伝監督解任 鈴木大地スポーツ庁長官「悪い伝統断ち切るチャンス」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ界でまたパワハラ…日体大駅伝監督解任 鈴木大地スポーツ庁長官「悪い伝統断ち切るチャンス」


鈴木長官は不祥事続出にも悲観的ではない

 スポーツ界でパワハラの連鎖が止まらない。日本体育大学は12日、陸上部駅伝ブロックの渡辺正昭監督(55)を部員に対する暴力、パワーハラスメント行為で、11日付で解任したと発表した。

 日体大が公表した報告書によれば、7月31日に部員から部長に相談があり、部内で調査を開始。今月3日には部長から文書が提出されたのを受けて大学が調査に入った。学生から聴取した結果、「脚を蹴る」「胸ぐらをつかむ」といった暴力行為が複数確認された。さらに人格を否定するかのような「言葉の暴力」も報告された。渡辺氏は指摘された言動をおおむね事実と認めたものの、こうした行為がパワハラに該当するとの認識がなかったという。このため「学生指導の適性に欠ける」として「解任が相応」と結論づけた。

 それにしてもレスリングの栄和人氏(58)に始まり、体操の塚原夫妻、重量挙げの三宅義行氏(72)とパワハラ行為の告発が相次いでいる。しかも、いずれも名のある指導者ばかりだ。2020年東京五輪まで2年を切った中で、日本のスポーツ界は大丈夫なのか。

 あるオリンピアンはこう指摘する。「それだけ選手の立場が強くなっているということ。“選手ファースト”なんだから、絶対にいい方向には行ってるでしょう。正直、自分たちの頃は(指導者からのパワハラは)当たり前。ぶん殴られたら『ふざけんな』とは思うけれど、やっぱり言い出せなかった。でも、暴力やパワハラがいけないのも当然のこと」

 続けて「これがブームみたいに一過性のもので終わってほしくない。“選手ファースト”が日本にも根付いてほしい」とも話した。指導者の意識を変えるためにも、さらなる“告発”があっていいと言う。スポーツ庁の鈴木大地長官(51)もこの日、「不祥事がどんどん表面化しているが、スポーツ界の悪い伝統を断ち切る意味でチャンス」と述べたが…災い転じて福となす、となるのだろうか。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】脇本雄太がまくってGⅡ初優勝!
世界レベルのスピードを発揮した脇本雄太がGⅡ初優勝を飾った。

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!