• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > “ブラック”と批判浴びた東京五輪「ボランティア」の実態

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“ブラック”と批判浴びた東京五輪「ボランティア」の実態


3大会に連続参加した西川千春氏(メインプレスセンターのメインヘルプデスクで、提供=西川千春氏)

【東スポ2020現場最前線(14)】情熱を持った者よ、集まれ――。東京五輪はいよいよ2年後の7月24日に開幕する(パラリンピックは8月25日)。今大会の肝の一つは、海外からの選手、関係者、観光客を国民一人ひとりが“オールジャパン”でお・も・て・な・しするところにある。極論すれば、大会の成否はボランティアにかかっていると言ってもいいだろう。ボランティア募集に関しては、一部で「やりがい搾取だ!」「ブラック五輪」などと“炎上”する一幕もあった。そこで今回は五輪ボランティアの実態を取り上げる。

 ボランティアには、大会運営に直接携わる「大会ボランティア」(組織委員会が募集)と、国内外の旅行者に対する観光・交通案内等を行う「都市ボランティア」(東京都はじめ自治体が募集)に大別される。それぞれ、8万人と3万人の計11万人を募集。過去大会と比べても大規模なものになる。

 大会組織委員会の坂上優介副事務総長は「ロンドン大会の成功の要因の一つはボランティアの活躍にありました。東京大会でも情熱を持って一緒に盛り上げていただきたいですね」と語った。

 大会ボランティアの応募資格は(1)2002年4月1日以前に生まれた人(2)活動期間中、日本国籍または日本滞在の在留資格を有する人といたってシンプル。語学力が必ず求められるわけではなく、18歳以上であれば上限なしで誰でも応募することが可能なのだ(応募は公式ウェブサイトで9月中旬~12月上旬)。活動期間は10日以上。1日の活動時間は各セクションによって異なるが、休憩・待機時間を含み8時間程度だ。飲食、ユニホーム、会場までの交通費が支給される(宿泊費は自己負担)。

 3月に公表された募集要項案では交通費も自己負担で、活動時間等に注意書きも少なく「ブラックすぎる」「やりがい搾取だ」などと猛批判を浴びた。もともと過去大会に準じたもので東京大会が特別厳しいわけではなかったが、組織委員会は、有識者で構成するボランティア検討委員会でさらなる論議を重ねた。

「交通費は支給することになり、活動時間も8時間きっかりではなく、休憩時間が含まれることを明記しました。実働はもっと少ない。10日以上の活動期間は長いという意見もありましたが、チームワークを醸成するためにそのぐらいの時間は必要という意見もあり、このような形になりました」と同副事務総長は明かす。

 ボランティア検討委員会のメンバーで、東京マラソン財団ボランティアセンター長を務める山本悦子氏はこう指摘する。

「募集要項案については『強い表現は使わない方が良い』と申し上げました。読む人によっては強制的に感じてしまいますから。気持ちよく参加してもらうためには配慮が必要です」

 こうして今回の募集要項が出来上がったというわけだ。そもそもボランティアは金銭を介在した労働力の提供ではない。ミッションに賛同し、自分の時間とスキルを提供してでも参加したい人が手を挙げるもの。そのため「やりがい搾取」や「ブラック」といった批判はまったくのナンセンス。実際、東京マラソンは毎年1万人のボランティアが無償で参加するが、抽選で参加者を決定しており、落選者が出るほど応募が殺到するという。そこには決してお金では買うことのできない人々の一体感と感動があるからだ。

「例えば、荷物を預かるボランティアの活動は午前6時半に始まって同8時半には終わります。それでもランナーを見送り終わったときに泣いているボランティアもいる。まだランナーはスタートしていないんですけどね(笑い)。つまり、それだけ東京が一つになることに少しでも携われた喜びがある。もしそれが五輪・パラだったらより大きなものになるに違いありません」(同氏)

 中には「本当に11万人も集まるのか?」という疑問の声もあるが、組織委員会は連携する全国の大学約800校に学生ボランティアを呼びかける方針だ。さらに外国人も参加するので、非現実的な数字ではないだろう。

 ちなみに、山本氏にボランティアにふさわしい人を聞くと「やってみたいと思えばOK」とのこと。ハードルは低い。

 次にいつ東京大会が行われるかはわからない。またとないチャンスにプライスレスな価値を体感してみてはいかがだろうか。

★体験者が語る「格別の喜び」=英国在住で経営コンサルタントの西川千春氏は、12年ロンドン大会、14年ソチ大会、16年リオ大会と3大会もボランティアとして参加した日本人だ。同氏によると貴重な瞬間に自分が携われた喜びは格別だという。リオ五輪では卓球女子日本代表が銅メダルを取ったとき、公式メダル会見に通訳として同席したこともあった。

「勝利の感想や要因のほか、福原愛選手が伊藤美誠選手に送ったアドバイスなどかなり突っ込んだ質問がありました。終了後に福原愛選手から『ありがとうございました』と握手を求められたときはとても光栄でしたね」

 日本代表の功績を世界に発信する重要な役割と言える。また、ボランティアは世界各国から職業も年齢も異なる人が集まるため、さながら異文化交流会の様相らしい。ソチ大会では毎日ウオッカで酒盛りをしたそうで「ロシアの若者たちと大盛り上がりでしたよ。彼らは日本の政治からアニメまで興味津々でしたね」と他国を知るという意味でも良い機会。6月には「東京オリンピックのボランティアになりたい人が読む本」(イカロス出版)を上梓した西川氏は、今後もボランティアの啓発活動を続けるつもりだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】脇本雄太がまくってGⅡ初優勝!
世界レベルのスピードを発揮した脇本雄太がGⅡ初優勝を飾った。

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!