• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > 王座陥落の山中竜也 試合後に入院していた

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

王座陥落の山中竜也 試合後に入院していた


 前日(13日)のボクシングWBO世界ミニマム級タイトルマッチで0―3で判定負けして2度目の防衛に失敗した山中竜也(23=真正)が、試合後に入院したことが14日、わかった。真正ジムの山下正人会長(56)が明らかにした。

 試合では7ラウンドに、挑戦者の同級3位ビック・サルダール(27=フィリピン)の右をまともに被弾してダウン。その後、両目をカットして最後は激しい流血戦となった。

 山中は試合後「頭が痛い」との症状を訴えたため病院へ直行。CT検査では異常は見られなかったものの「病院に行ったのが深夜で、3連休に入ってしまったため、目を縫ったりすることもできなかった」(山下会長)。

 さらに約15キロに及んだ減量の影響もあり、ダウン後に両足がつるなど疲労困憊で「点滴を打ったりするので、連休明けまでそのまま入院させることにしました」と同会長は説明した。

 山中は前夜「これで終わるつもりはない」と再起を示唆。防衛に成功しても、もともと年内でミニマム級を“卒業”して階級を上げる計画だっただけに、それを前倒ししてライトフライ級に転向することになるのか。

 山下会長は「まだ試合が終わったばかり。1か月とかたって落ち着いたら、考えも変わってくるかもしれないから」と結論は急がない方針だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【向日町GIII平安賞】22日に京都向日町競輪場で開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!