• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > 世界柔道V2狙うウルフの秘策は“人間力アップ”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界柔道V2狙うウルフの秘策は“人間力アップ”


乱取りで汗を流したウルフ(左)

 柔道世界選手権(9月、アゼルバイジャン・バクー)の男子100キロ級で2連覇を狙うウルフ・アロン(22=了徳寺学園職)がイメージアップ作戦を掲げた。

 9日の全日本実業団体対抗大会で8か月ぶりに復帰。18日には都内で行われた国際合宿で汗を流した。手術を受けた左ヒザは「怖いところがある」と不安を払拭し切れていないが、状態を「70%」と見積もり、回復に自信を示した。

 そんなウルフが昨年の世界選手権後、取り組んでいるのが“イメチェン”だという。世界王者として「柔道の実力も人間性も一流の人間になれるようにしたい」と崇高な目標を立てている。

 これまで何げなくやってしまっていた“愚行”も見直した。「路上でやめたことは飲んだ時の立ちション。軽犯罪法違反なので」とニヤリ。「川は大丈夫らしいです」となぜか付け加えたが、とにかくチャンピオンらしい振る舞いを心がけているという。

「最近、行動を気をつける意味で(法律などを)調べている。どういうことをしたらマズいのかなって。テレビとか見ると怖くなって…」

 有名人になればなるほど、一挙一動が注目される時代だ。くしくもスポーツ界では、悪質タックル問題の日大アメリカンフットボール部の内田正人前監督(62)や、伊調馨(34=ALSOK)らへのパワハラ行為が認定された至学館大レスリング部の栄和人前監督(58)ら負の話題が先行。柔道のみならずスポーツにかかわるすべての者が、己を律する時期に来ているとも言える。

 品格を追求しつつ、畳の上では再び「世界一」を証明する。「2回勝って実力と思っている」。ウルフはきっぱりと言い切った。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!