• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > 日大アメフット「悪質反則タックル」騒動ドロ沼 「監督指示」選手証言を大学側が否定

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日大アメフット「悪質反則タックル」騒動ドロ沼 「監督指示」選手証言を大学側が否定


広く知れ渡った反則タックル。アメフット史の汚点となるプレーだ(関西学院大学アメリカンフットボール部提供)。写真は一部加工

 6日に都内で行われたアメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦で、日大選手による悪質な反則タックルがあった問題は、ますますヤミを深めている。危険なプレーで相手QBを負傷させた日大の守備選手が「『(反則を)やるなら(試合に)出してやる』と監督から言われた」と周囲に話していたことが16日、分かった。日大側は反則指示を否定し、主張が対立する形に。関学が17日に2度目の記者会見を開くのに対し、部のホームページに謝罪文を載せただけの日大側は説明責任が問われ、大学のSNSには怒りのコメントが相次いでいる。

 日大の当該選手は守備チームのディフェンシブラインなどを務める。相手の司令塔に仕事をさせない「QBサック」はアメフットの華と呼べるプレーだが、同選手はパスを終えたQBに背後から襲い掛かる蛮行を働いた。

 下級生のころから主力としてプレーしていたが、関係者によると最近は内田正人監督から精神的な部分で苦言を呈され「チーム内で干されている状態だった」。今回の関学大戦前に、監督から「やるなら出す」と反則行為を条件に出場の機会が与えられたという。

 これに対し、日大広報部は「監督は『必死で頑張ってこい。戦え。厳しくやれ』などと厳しいことは言ったが、違反しろという指示は出していない」と否定。学内調査に応じたコーチや主将らも「監督はそんなことを言っていない」と答えたという。当該選手にも聞き取りをしたが「(監督の話を)どのように受け止めたか、追加で調査する必要がある」とした。

 まさに主張が分かれた格好。選手に対する指示については、アメフットのデジタル雑誌「ハドルマガジン」が15日付で、複数の関係者の証言として「日大蛮行プレーは監督とコーチの指示」と報道。日大アメフット部OBの共同通信記者もテレビ朝日の取材に、「相手QBを壊せ」との指示があったと語った。こうした情報の確度は高いとみられる。

 関東学生連盟は16日、公式サイトに「調査が終了し、それを受けて理事会が処分の最終決定をするまで、もう少し時間を要します」と記し、理解を求めた。一方で日本協会は「これだけ大きくなっている。現状を考えるとそうせざるを得ない」(関係者)と独自処分を行うことを示唆。関東学連は日大の影響力が強いとも言われており、処分が甘ければ協会が厳罰を下すことも考えられる。

 17日には関学大が、鳥内秀晃監督らが出席して記者会見を開く。同大は悪質タックルに対して12日に記者会見を行っており、日大に抗議文を送ったことを明らかにしていた。日大から15日に回答書を受け取り、今回の会見ではその内容に対する見解を示す。

 記者会見を重ね、学内紙「関学スポーツ」が号外も出している関学とは対照的に、日大は悪質タックルが問題化して以降は内田監督が公の場に現れることもなく、記者会見も開かれていない。アメフット部の公式サイトに謝罪文が掲載されている程度で、日大の公式フェイスブックには「何らかの発信をする義務があるのではないか」などと怒りや疑問の投稿が相次いでいる。「こんな大学を卒業したことが恥ずかしい」「永久廃部」、さらには同大の「危機管理学部」の存在をやゆする声も。

 いまだ見えてこない問題の行方。選手を守るべき監督が仮に、うそをついて「意図的な指示」を否定したのなら、学生の信頼を失うことは避けられない。当該選手も競技人生を棒に振りかねない。愛称「フェニックス(不死鳥)」の不祥事に、ファンやOB、関係者、学生は怒りと嘆きを募らせている。

 日大アメフット部の拠点、東京・桜上水の文理学部キャンパス前にはこの日も多くの報道陣が集まり、物々しい雰囲気に包まれた。練習場の周囲を囲むようにワイドショーの取材陣やワゴン車、タクシーが待機。クラブハウスに入っていく選手を追いかけ、取材の対象は一般の在校生にも及んだ。また、都内のアメフット部寮は入り口に「関係者以外立ち入り禁止」の張り紙が貼られ、ひっそりとしていた。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIII滝澤正光杯in松戸】松戸競輪場で13日開幕!
注目選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!