• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > その他 > 【悪質タックル問題】アメフット出身・全日プロ大森「僕がやっていた時から…」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【悪質タックル問題】アメフット出身・全日プロ大森「僕がやっていた時から…」


大森隆男

 城西大アメリカンフットボール部出身で全日本プロレスに所属する大森隆男(48)が14日、悪質タックル問題について見解を述べた。

 大学アメフット部のOBとして「一般論になるけど、スポーツマンシップにもとりますね。背後からのタックルも反則だし、ボールを投げた後に行くのも反則だし」と大森は語った。

 当時、関東2部リーグに所属した城西大アメフット部では、身長190センチの恵まれた体格を生かしてDE(ディフェンシブエンド)のポジションで活躍。大学4年時には2部リーグ優勝を果たした。「僕がやっていた時から汚いことをやられたらやり返すことはあった。審判の目に見えないところで悪いことをする人もいた。よくないことではあるけど、それもプレーのひとつでした」と振り返る。しかも日大と関学大の両校はかねてアメフット界では東西の実力校として知られ、必要以上にライバル心が強かったと見る関係者もいるという。

「アメフットはプレーの一つひとつ前で円陣なりを組み、フォーメーションの指示を出したりする人がいる。その時に熱くなっている選手の感情をうまくコントロールするもんなんですよ。再発防止策? 選手より監督やコーチの役目ですね。選手のメンタルコントロールをする人間の役割がなおさら重要になる」。プロレス界の斧爆弾は、騒動の早期解決を望んでいる。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!