【柔道】小川雄勢「父子世界一」へ越えなければならない壁

2018年05月04日 16時30分

意気込みを語った小川雄勢

 暴走王・小川直也(50)の長男・雄勢(21=明大)が世界一に向け、乗り越えなければならない壁とは――。柔道の世界選手権(9月、アゼルバイジャン・バクー)に出場する男子日本代表は3日、都内で強化合宿を公開した。100キロ超級代表に初選出された雄勢も汗を流したが、先月29日の全日本選手権で3位に終わったことを反省。「新ルールの適応や、リードされた状況で後半からの巻き返し」と課題を口にした。

 世界選手権100キロ級で3連覇(1999、2001、03年)した井上康生監督(39)は「技を単にかけるのではなく、かけ切る意識が必要」と改善点を指摘。また03年大阪大会で無差別級を制した鈴木桂治コーチ(37)は「優勝したGS東京や全日本選手権のような戦い方では勝てない。攻撃への意欲や攻め方のパターンを詰めていかないと」と厳しい言葉で成長を促した。

 雄勢は同大会無差別級で3連覇(87、89、91年)した父を「超えなければならない存在」と表現。8連覇中のテディ・リネール(29=フランス)が欠場すると報じられているだけに、親子制覇の千載一遇のチャンスをものにできるか。