【柔道】代表切符ゲットの小川雄勢に父・直也がリネール世界選手権欠場を伝えなかったワケ

2018年05月01日 16時30分

雄勢(下)は準決勝で王子谷に敗れた

 王者不在を知らないワケは――。体重無差別で柔道日本一を決める全日本選手権(4月29日)で、史上初の親子2代制覇を期待された暴走王ジュニアの小川雄勢(21=明大)は3位に終わった。それでも昨秋から主要3大会を制した実績が評価され、優勝したリオ五輪100キロ超級銀メダルの原沢久喜(25)とともに9月の世界選手権(アゼルバイジャン・バクー)同級代表に選出された。

 雄勢は「正直、選ばれるとは思っていなかったので、めちゃめちゃうれしいです」と初代表に喜びのコメント。次は父の暴走王・小川直也(50)に続く親子2代世界王者の期待がかかるが、今後の世界選手権はこれまでと“勢力図”が変わってくる。100キロ超級で五輪2連覇、世界選手権8連覇中のテディ・リネール(29=フランス)が2020年東京五輪を見据えて今年と19年の世界選手権を欠場する意向だと、フランスメディアで報じられたからだ。

“世界最強の男”の不在に、雄勢は「えっ? リネールって出ないんですか?」と驚いた様子。さらに「彼を倒して世界一になることが目標だったので…」と残念そうに言葉をしぼり出した。父の暴走王によれば、陣営はリネール欠場の情報をあえて伝えていなかったという。「リネールが出ようが出まいが関係ない。だから、言う必要もなかった。リネールが世界一強いのは確かだけど、世界には倒さなきゃいけない相手はまだまだいる。彼(雄勢)が世界一を目指して力をつけていくことに変わりはないんだから」(小川)

 雄勢も世界一へ向けて「先に(ポイントを)取られた時に、投げ切る力が必要。世界一になるためもっと力をつけていきたいです」と、自らの課題を掲げた。東京五輪でリネールと頂上対決を実現させるためにも、絶対王者不在のチャンスを生かさない手はない。