【柔道】17歳の素根輝が史上初! 全日本女子選手権に初出場初V

2018年04月23日 16時30分

史上初の初出場優勝を果たした素根輝

 体重無差別で柔道日本一を決める全日本女子選手権(22日、横浜文化体育館)で、素根輝(そね・あきら=17、福岡・南筑高)が大会史上初となる初出場優勝を飾った。準決勝では昨年優勝で世界選手権78キロ超級2位の朝比奈沙羅(21=パーク24)に延長の末、反則勝ち。豊富なスタミナを武器に決勝も制して「挑戦者の気持ちで思い切りやった。決勝でも集中力を切らさずに戦えた」と胸を張った。

 世界選手権(9月、アゼルバイジャン)の個人代表の座は国際大会での実績不足を理由に朝比奈に譲ったが、2020年東京五輪へ向けて女子最重量級に期待のホープが出現した。

 快挙を成し遂げた素根はどんな選手なのか。少年柔道に携わり、中学時代から素根を見てきた暴走王・小川直也(50)によれば「中学校から『怪物』だったね。最重量級では小柄(身長163センチ)かもしれないけれど、体幹がしっかりしているから、なかなか崩れない。いつかは出てくると思ってたけれど、こんなに早く出てくるとは…。やっぱり怪物だったな」。

 国際大会では大柄な海外選手と戦うことになるが「彼女の体格ならギリギリやっていける。朝比奈さんと2人で東京五輪まで争っていくことになるだろうが、どちらが出ても金メダルの可能性があるね」と、東京五輪でも頂点をつかめる逸材だという。

 素根も東京五輪へ向け「目の前の大会を一つひとつ勝っていく」とさらなる進歩を誓った。まずは国際大会で実績を積んでいくことが金メダルへの課題となる。