【柔道】朝比奈沙羅が実業団と契約 五輪金メダル→医師の夢へ第一歩

2018年03月28日 14時49分

朝比奈沙羅

 柔道の世界選手権女子78キロ超級銀メダルの朝比奈沙羅(21=東海大)が28日、都内で会見を開き、4月から東海大に在学しながら実業団「パーク24」と契約することを発表した。

 20年東京五輪金メダルと引退後に医師になるという夢を持つ朝比奈。「(大学在学中に実業団と契約することは)日本柔道界では男女を通じて第1号の選手になります。海外では五輪メダリストで弁護士や医師になる選手は多いが、日本は制度的に難しいところがある。そういう選手の先駆けになれるか今後楽しみだし、夢を夢で終わらず、覚悟を持っていきたい」と意気込んだ。

 昨年9月に東海大柔道部を「卒部」し、独自で練習を続けてきた。大学4年となる4月からは、同大男子柔道部やパーク24などで練習。学業に励みながら、国際大会や全日本などの大会に重点的に参加し世界の頂点を目指す。

 この日は今後の社会貢献活動についても発表。小児在宅人工呼吸患者を支える会の患者や家族を全日本女子柔道選手権(4月、横浜)に招待する考えを明かした。