【柔道】海老沼 73キロ級転向で上昇気流に

2018年03月14日 16時30分

海老沼匡

 今年初戦のグランドスラム・エカテリンブルク大会(17~18日、ロシア)に臨む73キロ級の海老沼匡(28=パーク24)は、66キロ級から階級を上げて初の国際大会に「未知な世界ではありますけど、楽しんで試合ができたら」と高揚感を隠さなかった。

 減量は5キロで済み、これまでの苦しみから解放された。「66キロ時代は、減量は大幅にあったので試合前の練習はやり込めるほどエネルギーがなかった。今は練習もできていい状態で迎える」と上昇気流に乗る。

 一方で「28歳なので結果を出さないとすぐ切られてしまう。ワンチャンスをしっかりモノにしないといけない」と危機感も口にした。