【世界柔道】73キロ級で橋本壮市が金! 今後は絶対王者・大野と勝負

2017年08月31日 01時50分

オルジョイに勝利し、雄たけびを上げる橋本(ロイター)

【ハンガリー・ブダペスト30日(日本時間31日)発】柔道の世界選手権3日目、男子73キロ級で初出場の橋本壮市(26=パーク24)が初優勝を飾った。

 初戦から積極的な柔道で勝ち上がり、決勝ではリオ五輪銀メダルの強敵ルスタム・オルジョイ(25=アゼルバイジャン)と対戦。上背のある相手から一瞬のスキをつかれ、腕十字を狙われるピンチもあったが、これをしのいで延長戦に突入。最後は5分42秒、微妙な判定ながら場外際の背負い投げでポイントを奪い、世界の頂点をつかみ取った。

 このクラスには“絶対王者”として、リオ五輪金メダルの大野将平(25=旭化成)が頂点に君臨する。その大野は今年、世界の舞台への出陣を見合わせた。

 橋本は「やっと(大野と)同じラインに立てた。しっかり五輪王者を食って(東京五輪で)優勝してくるようにしたい」ときっぱり。2020年東京五輪へ向けて今後は、絶対王者と雌雄を決する大勝負が待っている。

 また、女子57キロ級で初出場の芳田司(21=コマツ)は、決勝でスミヤ・ドルジスレン(26=モンゴル)と対戦し、延長12分56秒の大死闘の末に敗れて銀メダルだった。

 初戦から危なげなく勝ち上がったが、リオ五輪銀メダリストを最後まで倒せず。頂点にあと一歩及ばなかった芳田は「ずっと優勝したい気持ちでやってきた。(決勝は)自分の弱さが出た」と涙を流しなら、銀メダルよりV逸を悔やんだ。

 それでも、芳田の階級にはロンドン五輪金メダルでリオ五輪銅メダルの松本薫(29=ベネシード)が控えている。出産、育児で戦線を離れている中、新星が存在感を示した。

 これで今大会の日本勢は男女6階級で金5、銀2、銅1と快進撃が続いている。