【柔道】16歳の阿部詩が全国高校選手権初V

2017年03月19日 19時11分

優勝した阿部詩

 柔道の全国高校選手権初日(19日、東京・日本武道館)、男女個人戦が行われ、女子52キロ級はシンデレラガールの阿部詩(16=兵庫・夙川学院高)が初優勝した。

 

 立ち技が武器の阿部は初戦の2回戦を肩固め、3回戦を上四方固めで一本勝ちするなど、寝技の進化を証明。決勝では児玉風香(愛媛・新田高)を開始わずか21秒、豪快な袖釣り込み腰で叩きつけた。

 

 家族や兄の一二三(19=日体大)が見守る中で結果を出し「お父さんとお母さんの顔を見ると、安心します。安心して試合できました」とニッコリ。世界選手権(8~9月、ハンガリー)代表選考会の全日本選抜体重別選手権(4月1、2日=福岡国際センター)に向け「ここで勝てても、そんなに簡単に勝てない。思い切りいける気持ちをつくっていきたい」と闘志を高めた。

 

 また、女子無差別級は素根輝(16=福岡・南筑高)が優勝した。