【柔道】大野が全日本選抜欠場

2017年03月02日 16時30分

 全日本柔道連盟は1日、リオ五輪柔道男子73キロ級金メダルの大野将平(25=旭化成)が8月の世界選手権(ハンガリー)代表選考を兼ねた全日本選抜体重別選手権(4月1、2日、福岡国際センター)を欠場すると発表した。

 

 所属の中村兼三監督(43)は2月に「試合モードではない」と欠場を示唆していたが、理由について全柔連は「在籍している大学院の修士論文作成を優先し、世界選手権出場に向けての調整が困難であるため」と説明。これで大野の世界選手権の代表入りは絶望的となった。