谷亮子氏が柔道界と距離を置く理由とは?

2015年07月01日 10時00分

理事に再任されなかった谷氏

 いったい、何があったのか。柔道女子の五輪2大会金メダリストで参院議員の谷亮子氏(39)が全日本柔道連盟の理事に再任されなかったことが波紋を広げている。

 

 29日、全柔連は都内で評議員会を開き、任期満了を迎えた宗岡正二会長(69)らの再任を承認した。ところが、2013年6月に理事に就任した谷氏は10日の理事会で再任候補として推薦されなかったため、わずか1期(任期は2年)で古巣の柔道界を去ることになった。

 

 評議員会後、会見を開いた近石康宏専務理事(66)は「国会の業務とかで理事会に出席されていない。本人にも気の毒なので、引き続きというのはご遠慮願った」と説明。ただ、同じ国会議員で再任された橋本聖子理事は日本スケート連盟会長など要職を兼務しているにもかかわらず、この日も懇親会に顔を出すなど、柔道界との積極的な交流を図っている。ある理事は「谷さんは野党だからそんなに忙しくないはず。もう少し柔道と向き合ってくれたらよかった」と嘆いた。

 

 全柔連幹部によると、谷氏には協力の声がけをしても、断られてしまうという。地元福岡で開催された4月の全日本選抜体重別選手権ではサイン会を企画した。しかし、「最初は『分かりました』と返事を受け取っていたのですが、当日になって秘書から断りの連絡が入った。いつもこんな感じでした」。任期中、理事会に出席したのは2~3回で大会視察は皆無。一時は五輪担当相候補にも挙がった知名度と政治力で、柔道界の“けん引役”と期待されての理事就任だっただけに、その分落胆も大きかった。

 

 来年には任期満了を迎えるため、参院選に出馬するとみられる谷氏。柔道界と“距離”を置いた狙いは何なのか――。