【柔道】阿部詩が選抜体重別で棄権 昨秋に両肩手術「五輪も受けないといけない状態だった」

2022年04月02日 14時28分

1回戦で川田歩実(左)を攻める阿部詩(代表撮影)
1回戦で川田歩実(左)を攻める阿部詩(代表撮影)

 ギリギリの決断だった。柔道の全日本選抜体重別選手権(2日、福岡国際センター)、女子52キロ級で東京五輪金メダルの阿部詩(21=日体大)が、準決勝を棄権。その後の取材で昨秋に両肩の手術を受けていたことを明らかにした。

 1回戦で川田歩実(東海大)をゴールデンスコアの末、技ありで下した詩だったが、続く坪根菜々子(自衛隊)との準決勝には姿を見せなかった。

 すると、取材エリアを訪れた詩は昨年9月と10月に両肩の関節唇修復手術に受け「なんとか3月にやっと柔道を始められるようになったんですけど、練習を始めて2週間でこの試合だった。1回戦に出て、まだ肩の状態が不安定だったので棄権させていただきました」と説明した。

 五輪で圧巻のパフォーマンスを披露したが、両肩は以前から「組むと抜ける感じ」と話すほど、不安を抱えていたという。

「左肩は高校3年の2月に負傷して、そこからずっとケガと向き合いながら。右肩は2019年世界選手権が終わってから違和感を感じ始めて、ずっと続けていた。五輪も手術しないといけない状態だったんですけど、そういう時間が取れなくて五輪後に手術をすることになりました」

 当初は「欠場も頭にあった」。それでも2年後のパリ五輪に向けて「(今大会が)第一歩だと。しっかりこの畳に出ることが自分のすべきことだと思った」と、出場に踏み切った。

 今大会は世界選手権(10月、タシケント)代表選考会を兼ねて開催された。詩は代表入りを目指しつつ「次の試合に向けて体を整えて100%でできるように頑張りたいと思います」と語った。

関連タグ: