【柔道】男子新監督に鈴木桂治氏が就任 3年後のパリへ「コンディショニングを深堀りしたい」

2021年09月28日 17時28分

男子日本代表の新監督に就任した鈴木桂治氏
男子日本代表の新監督に就任した鈴木桂治氏

 全日本柔道連盟は28日、オンラインで臨時理事会を開催。終了後の記者会見で男子日本代表の新監督に2004年アテネ五輪100キロ超級金メダルの鈴木桂治氏(41)が就任すると発表した。

 鈴木氏は12年から男子日本代表の重量級担当コーチを務め、東京五輪では100キロ級のウルフ・アロン(了徳寺大職)を金メダルに導くなど、指導実績も豊富。今月末で2期9年の任期を終える井上康生監督の後任に選出された。

 鈴木氏は「大きな改革をする考えはなく、井上監督体制の9年間で築いたことを継続することを一番に考えていきたい。パリ五輪まで3年という短い時間の中で、今まで培ってきたものをさらに深堀りする。そして、日本柔道を継承する気持ちを変えずに、3年間しっかりとパリに向けて務めさせていただきたい」と決意を述べた。

 その上で〝鈴木色〟も注入予定。「コンディションについて深堀りしたい。睡眠は今重要視されている。自分でできるコンディショニングづくり、マッサージや筋肉をほぐすことだけではなくて、内面的な疲れをとる形を、代表選手、強化選手にはどんどん積極的に自分たちでいってもらいたい」と展望を口にした。

 また、女子は増地克之監督が続投。「パリ五輪までの3年間、今度はアウェーでの戦いになるが、覚悟を持って、これまでやってきたことをベースに、さらに進化をさせて、パリ五輪ではみなさんにいい報告ができるように頑張っていきたい」と意気込んだ。

関連タグ:

ピックアップ