【柔道】五輪連覇の大野将平を小川直也氏が激賞「リオの侍が横綱になった」

2021年07月26日 20時50分

シャフダトゥアシビリを下し五輪連覇を果たした大野将平

〝横綱柔道〟だ! 柔道競技3日目(26日、日本武道館)、男子73キロ級の大野将平(29=旭化成)が、2016年リオ五輪からの2連覇を達成した。

 危なげなく勝ち上がり、決勝はシャフダトゥアシビリ(ジョージア)を相手に延長戦で支え釣り込み足で技あり。9分26秒に及ぶ死闘に決着をつけた。

 武道館の天井を感慨深げに見つめた大野は、珍しく声をつまらせながら「自分の中で、本当に悲観的な思いしかなくて、不安いっぱいの日々を過ごしてきた。私自身まだまだと感じた」と謙虚に語った。リオ五輪と同じく、喜びを表に出すことはなかった〝サムライ〟は「(五輪開催が)賛否両論あることは理解しています。ですが、われわれアスリートの姿を見て何か心が動く瞬間があれば光栄に思います」と話した。

 本紙で柔道解説を務めるバルセロナ五輪95キロ超級銀メダルの〝元暴走王〟小川直也氏は、興奮気味にこう激賞する。

「これこそ横綱相撲! リオではサムライだったが、横綱になったよ。見ているほうは大野君が先に指導2つをもらって不安に思えたかもしれないけれど、いつでも逆転できるという自信があった。実際はまったく危なげなく、圧倒的な勝利。この5年間、徹底的に研究されてきたのに、大外刈りでタネをまいて、最後は支え釣り込み足でしとめるなんて…。これは重量級のやる柔道で、オレもやっていたもの。いやあ、いまどきこんな柔道やるなんて驚くし、ミスターパーフェクトだ」

 さらには、柔道私塾「講道学舎」出身の大野と、同塾の先輩にあたるバルセロナ五輪金メダルの故古賀稔彦さんと吉田秀彦氏を比べ「大野君こそ講道学舎の最高傑作。古賀と吉田を超えたよ!」とまで言わしめた。

 辛口の元暴走王を認めさせた大野は、まさにニッポン柔道の絶対エースたることを証明した大会となった。

【関連記事】

関連タグ: