【柔道】芳田司 女子57キロ級銅メダルにも「悔しいです。金メダルを目指していたんで…」

2021年07月26日 19時16分

悔しい銅メダルとなった芳田司(右)
悔しい銅メダルとなった芳田司(右)

 東京五輪の柔道競技3日目(26日、日本武道館)、女子57キロ級の3位決定戦で芳田司(25=コマツ)がリパルテリアニ(ジョージア)を下し、銅メダルを獲得した。

 得意の内股で技ありを奪うと、再び内股を放って技あり。合わせ技の一本勝ちで表彰台を確保した。

 五輪初出場の芳田は準決勝でジャコバ(コソボ)に敗れたが、短いインターバルで気持ちを切り替えての勝利。それでも金メダルを目指していただけに銅メダルには「悔しいです」と言葉を絞りだした。

 何度も言葉に詰まり、顔を拭きながら「絶対に銅メダルを取ってやろうと思っていた。金メダルを目指していたんで…」とメダルの喜びよりも金メダルを取れなかった悔しさをあらわにした。

 2018年世界選手権覇者の芳田は、最大のライバルとみられていた19年世界女王の出口クリスタ(カナダ)が代表の座を逃したため、金メダル候補の一角だった。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ