【柔道】阿部一二三&詩の “W金メダル” を家族が祝福 母・愛さん「最高の気持ちです」

2021年07月26日 01時00分

左から阿部きょうだいの兄・勇一朗さん、父・浩二さん、母・愛さん(代表撮影)
左から阿部きょうだいの兄・勇一朗さん、父・浩二さん、母・愛さん(代表撮影)

 東京五輪柔道男子66キロ級金メダルの阿部一二三(23=パーク24)と妹で柔道女子52キロ級金メダリスト・詩(21=日体大)の父・浩二さんら家族が25日、取材に応じ、きょうだい同日金メダルの喜びを語った。

 新型コロナウイルス禍で無観客開催となったため、家族は東京都内で観戦。それぞれ金メダルに輝いた瞬間、家族で抱き合って歓喜したという。浩二さんは「コロナ禍でどうなるかわからない大会だったが、皆さんの力で畳に立つことができたことを喜んでいたし、最高の結果を届けてもらえた」。母・愛さんは「2人に最高のプレゼントをもらえて、最高の気持ちです」と声を弾ませた。

 阿部きょうだいが金メダルを獲得した後、対面したときには、愛さんが詩、浩二さんは一二三のメダルをかけてもらった。浩二さんは「非常に重かった。気持ちも全部詰まっていた」。愛さんは「金メダルの重みを実感しました」と、それぞれ振り返った。兄・勇一朗さんは「強かったよ、おめでとう」と言葉をかけて祝福したという。

関連タグ: