【柔道】強化選手1人が新型コロナ陽性 予定されていた全日本男子強化合宿を中止

2021年05月02日 12時58分

井上康生監督

 全日本柔道連盟(全柔連)は2日、同連盟の強化選手1人が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを発表した。

 当該選手は、1日から東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで予定されていた全日本男子強化合宿に参加するため、同日朝にPCR検査を受けたところ、午後に陽性が確認されたという。

 これを受け、合宿は中止が決定。緊急事態宣言の発令中だったが、井上康生監督(42)も「医科学委員会の先生方と相談し、オリンピックを逆算して判断させていただいた。今が重要な時期」と話していただけに、今後の強化への影響が懸念される。

関連タグ: