【柔道世界選手権】ベイカー茉秋は一瞬のスキ突かれ2回戦敗退

2014年08月30日 16時00分

【ロシア・チェリャビンスク29日発】柔道世界選手権5日目、男子90キロ級代表のベイカー茉秋(ましゅう=19、東海大)はディアス(ポルトガル)の払い腰に沈み、2回戦敗退。「いけると思ったが、一瞬のスキをつかれた」とぼうぜんとした表情だった。

 

 父が米国出身のハーフで日本人離れしたパワーが持ち味だが、将来性を見込んで抜てきした井上康生監督(36)は「実力をすべて出し切ることができなかった」と責任を痛感。中重量級は昨年に続きメダルゼロの可能性が広がり、井上監督は「81、90キロ級は五輪に向けて強化の方法を見直す必要がある」と強化方針の再構築を明言した。