【柔道世界選手権】前年覇者の大野敗れる

2014年08月28日 16時00分

 前年覇者の大野(男子73キロ級)は4回戦で、世界ランキング155位の伏兵に足をすくわれた。韓国の李栄淮の出足払いに一本負けし、2連覇を逃した。2回戦はポーランドのシュワルノビツキに腕ひしぎ十字固めで快勝。3回戦では昨年、中矢力を担架送りにしたサインジャルガル(モンゴル)に優勢勝ちしたものの、急ブレーキ。「単純にボクが弱かった。悔しいの一言。井上監督からは『この負けがあったから強くなった、と思えるようにやっていこう』と言われた」と苦い表情だった。