丸山城志郎に石井慧が伝授「20分を超える試合でもリスク少なく絶対に勝てる方法がある」

2020年12月14日 11時00分

丸山は目に涙を浮かべて報道陣の質問に答えた
丸山は目に涙を浮かべて報道陣の質問に答えた

【石井の慧眼】20分を超える試合を勝ちました阿部選手、おめでとうございます。若いころから注目されてきて、見えないプレッシャーもあったと思うんですけど、その中で勝つのはすごいと思います。

 東京五輪はコロナにでもかからない限り、普通にやったら阿部選手が勝ちますよ。東京五輪をやったとしても、来れない国もあるでしょうし。まあ、勝つっしょ。

 丸山選手はゴールデンスコア(延長戦)になった中で、最後は技のチョイスを間違えたんじゃないでしょうか。20分間戦っているとミスしちゃったほうが負けになる。20分(ポイントを)取れない、取られないだとやっぱり勝負の分かれ目はミスになる。あそこの返し技、返せたらいいけれど、自分の背中がつくリスクがあるんで。勝負にいったんでしょうけれど、技のチョイスが失敗だったかなと。僕だったらあまりリスクをとらないんで使わなかったでしょうね。

 ただ、周りは「阿部選手に勝ってもらいたい」という空気でしたからね。今回の一発勝負も「阿部、頼むよ」という感じだったんじゃないですかね。もし、丸山選手が勝ってても本当に選ばれたのか…というのは僕の中では感じていました。そういう中で丸山選手はちょっとかわいそうだったし、よくやったと思います。

 面識ないけれど、僕は丸山選手が好きなんで、一つ言いたいことがあります。20分を超える試合でもリスクなく絶対に勝てる方法があるんですよ。それは寝技です。阿部選手も丸山選手も寝技を全然やらないじゃないですか。2人とも技が切れるんで、あまり寝技の必要性を感じていないのかもしれません。だからこそ寝技で確実に仕留められるスキルがあれば、相手も不用意に技をかけられなくなる。だから寝技を鍛えてほしいですね。“青木真也再生工場”もありますんで。そこで待ってるよ!

 

ピックアップ