全柔連が選手にツイッター規制

2013年09月30日 16時00分

 全日本柔道連盟の斉藤仁強化委員長(52)が29日、柔道選手のツイッター使用などに規制をかけることを示唆した。

 

 全柔連は2020年東京五輪に向けた強化策を講道館杯(11月9~10日、千葉ポートアリーナ)後に提示する方針。「将来的には7年後の選手が柔道界を引っ張っていく」(斉藤氏)と期待は無限大で、単に強化だけでなく柔道本来の教育にも力を入れていくことになった。ツイッターの見直しが検討されているのもそのためだが、発端は世界選手権73キロ級金メダルの大野将平(21=天理大)だという。

 

 下級生への暴行問題を起こした大野は停学中の身ながらツイッターを頻繁に更新し、全日本学生柔道連盟の佐藤宣践会長(69)の怒りを買った。強化委員会でも話題になっており、斉藤氏は「選手にどう指導していくか。強化委員会の人間も公人、選手も公人だよ。東京五輪に向けたプロジェクトも含め、選手への意識付けはさせていくから」とツイッターなどSNSの規制や監視に乗り出すことを明かした。

 

 インターネットは便利な半面、書き込み一つで人間性までが問われてしまう。女子アイスホッケー代表などは使用を禁止している。

 

 世界王者の軽はずみな行動の代償は大きくなりそうだ。