コロナ感染の全柔連・中里専務理事が入院

2020年04月14日 21時28分

 全日本柔道連盟(全柔連)は14日、新型コロナウイルスに感染した中里壮也専務理事(62)が13日に入院したことを発表した。5日に発熱の症状が出た同氏は8日にPCR検査を受け、12日に陽性反応が確認されていた。

 全柔連では4日に職員で1人目の感染が確認されたのを皮切りに、クラスター(感染者集団)が発生。これまで職員38人のうち、中里氏を含む16人が感染しており、この日も新たに1人がPCR検査を受けたという。