【柔道】朝比奈沙羅が衝撃告白 「実は遠い親戚が…」

2019年08月09日 16時30分

衝撃の告白?をした朝比奈

 あの2人が親戚だった!? 柔道の世界選手権(25日開幕、東京・日本武道館)に出場する女子78キロ超級の朝比奈沙羅(22=パーク24)が8日、本紙に衝撃の“事実”を明かした。

 この日に公開された強化合宿後、突然「実は遠い親戚が女優の夏帆(28)なんです。小さいころから、めっちゃかわいかったです」と告白。本人によると、母方の親戚だという。「私が赤ちゃんのとき、一緒の写真に写っていました。当時からめっちゃかわいかったですよ」とべた褒め。親戚にもかかわらず「顔は全然似てないですけどね」と笑いを誘った。

 ただ最近は疎遠になっているそうだ。「中2以降、会っていないです。私のこと覚えてくれていますかね?」と寂しそうな表情を浮かべた。

 来年の東京五輪では同級で2004年アテネ五輪の塚田真希以来となる16年ぶりの金メダル獲得が期待される。“世界最強の女”となれば、朝比奈が日本中の注目を浴びることは間違いないだろう。夏帆も「あの朝比奈沙羅ちゃんは私の親戚です!」と自慢する日が来るかもしれない。

 この日の練習では男子選手を相手に乱取りなどを行い、汗を流した。世界選手権では2連覇がかかっているが「自分自身との闘いなので自分に負けないようにしたい」と気合十分。「五輪金メダル」と「夏帆との再会」の2つの目標をかなえるためにも、今大会は確実に優勝したいところだ。