【全日本選手権】涙の初Vウルフ 戦闘スタイル変更で化けた

2019年04月30日 16時30分

決勝でウルフは加藤(左)から鮮やかな支え釣り込み足で技ありを奪った

 平成最後に「ニュー・ウルフ」の誕生だ。体重無差別級で柔道日本一を争う全日本選手権(29日、東京・日本武道館)で、世界選手権(8月25日開幕、同)100キロ級代表のウルフ・アロン(23=了徳寺学園職)が準決勝で小川雄勢(22=パーク24)、決勝で加藤博剛(33=千葉県警)を破って初優勝を果たした。伝統の大会を制して感極まり、珍しく涙を見せたが、この裏では新時代を見据えた“変身”があった――。

 平成最後の伝統の大会で、天皇杯を手にしたのは100キロ級のエース、ウルフだった。初戦から内股、支え釣り込み足に大内刈りと切れ味鋭い足技が決まって快勝。「優勝できて素直にうれしい」と振り返り「来年(東京)五輪を迎える中で、今年優勝しておかないと、という思いでやってきた。努力や対策が実り、いろんな人の後押しもあった。階級のない大会で日本で一番強いと証明できた」と喜びを口にした。

 一昨年の世界選手権で優勝。しかし、昨年1月に左膝半月板損傷の重傷を負い、手術を余儀なくされた。昨年の世界選手権では、故障の影響で思うように動けず5位。苦闘の末につかんだ初優勝だったが、舞台裏では新時代を見据えた“モデルチェンジ”があった。

 父親が米国出身のハーフ選手は、これまで規格外のパワーとスタミナを武器に戦ってきた。所属の山田利彦監督(49)も「彼の持ち味は前にガンガン出て、それに相手が対応していく中でスタミナを失っていくっていうところなんで。だからケガがあったときには、どうしてもその前に出る勢いというものがやっぱりちょっと影を潜めてた」。一方で、かねて柔道界ではパワフルなそのスタイルから「いつか大ケガをするのでは」という声があったのも確かだ。

 実際に左ヒザを故障することになったが、母校・東海大柔道部の佐藤宣践主席師範(75)はその後のウルフの“変身ぶり”を指摘する。「これまではスタミナがあるから、初めからゴールデンスコア(GS=延長戦)でスタミナ勝負を狙う柔道だった。それがちょっと前から、試合開始から技で取りにいく柔道に変わった。技で取りにいってのGS突入なら問題ない。課題をクリアして、ひと皮むけたね」

 全日本柔道連盟の金野潤強化委員長(52)も「今日はクレバーな柔道だったね」とスタミナに頼らない柔道を評価。東海大柔道部の上水研一朗監督(44)も「しぶとく相手の嫌なところ、嫌なところを攻めていったんで、とてもいい戦いぶりでしたね」と、“ニュー・ウルフ”に目を細めた。もちろん、この進化は豊富な練習量に裏打ちされたものだけに盤石だ。

 ウルフは平成を「最高の形で締めくくれた」と語る一方で「相四つの相手にはいいところを持たせてしまう」と課題を挙げて、おごる姿勢はみじんも見せない。ニッポン柔道では伝統の全日本選手権を制した者が「最強」とみなされる。今大会では100キロ超級でリオ五輪銀メダルの原沢久喜(26=百五銀行)が準々決勝で敗退。平成の世は井上康生、鈴木桂治という100キロ級王者が時代を担ったが、新時代の令和も同級エースが引っ張っていきそうだ。