【柔道】78キロ超級・素根輝が全日本女子選手権2連覇

2019年04月22日 16時30分

連覇を達成した素根

 柔道の世界選手権(8月25日開幕、東京・日本武道館)の代表最終選考会を兼ね、体重無差別で女子柔道日本一を決める全日本女子選手権が21日、横浜文化体育館で行われ、78キロ超級の素根輝(18=環太平洋大)が決勝で昨年の同級世界女王の朝比奈沙羅(22=パーク24)を破り、2連覇を果たした。

 大会後に開かれた強化委員会で、朝比奈とともに初の個人での世界代表に選出された素根は「世界選手権に出たいという気持ちで、選抜体重別選手権と(今回の)全日本女子に懸けていた」と並々ならない決意で今大会に臨んでいたことを明かした。これで朝比奈に対して実に5連勝。試合自体は素根が先に指導を2つ取られて劣勢だったが、9分を超える延長戦の末、結果はまたもや素根に軍配が上がった。2人の差はどこにあったのか。

 パーク24の園田隆二・女子監督(45)は試合前「組んでる中でもいろいろ攻防があるが、そこらへんがざっくりしている」と朝比奈の課題を口にしていた。対して素根を指導する“平成の三四郎”こと環太平洋大の古賀稔彦総監督(51)は「彼女は人に頼らず、自分で自分をつくり上げることができる」と素根の強みを強調。事実、素根は引き手を持たせてもらえない苦しい展開の中で「持てるところを持とう」と作戦を切り替えた。

「相手を見て試合ができるようになった部分は1年間での成長」と自己分析した素根の強みは冷静さ。組み手の細やかさに欠けていた朝比奈を上回るだけの力はあった。

 とはいえ、世界での実績は世界女王の朝比奈のほうが上。両者の次の直接対決の舞台は世界選手権決勝となるのか。女子最重量級の東京五輪代表争いはまだまだ予断を許さない。