柔道女子の新井千鶴 世界3連覇へ調整順調「計画的に進められている」

2019年04月16日 18時49分

笑顔を見せる見せる新井千鶴

 柔道の世界選手権(8月25日開幕、東京・日本武道館)女子日本代表が16日、東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターでの強化合宿を公開した。

 3連覇を目指す70キロ級の新井千鶴(25=三井住友海上)は昨年11月のグランドスラム大阪大会を制し、代表に内定して以来、試合をしていない。しかし「ここまで試合間隔が空くのは初めての経験だし、感覚がどうとかこうとか言われることは多いが、そこはあんまり考えすぎていなくて、心技体を全体的にまたしっかり鍛えてという感じで計画的に進められている」と調整が順調であることを明かした。

 2月には単身ドイツに渡り約2週間の武者修行を敢行。「刺激というか、外国人選手と組み合わない期間が長くなっちゃうかなと思って。自分の柔道が今の段階でどのくらいできるのかとか、海外選手の様子も含めて感じたくて行きました。そんなに強豪がそろっていたわけじゃなかったけど、組み合えただけでも良かった」と手応えを語った。