体操女子63年ぶり金の村上茉愛「ゴムまり娘と呼んでください」

2017年10月11日 20時17分

村上茉愛

 体操の世界選手権(カナダ・モントリオール)で種目別の女子床運動で日本勢初の金メダルを獲得した村上茉愛(21=日体大)が11日、帰国し、都内で会見を開いた。

 全種目でも女子では63年ぶりの世界一とあって、多くの報道陣が詰めかけた。搭乗機の機体の故障で1日遅れの帰国となった村上は「メダルを取ると、こんなにも違うのかって実感しました。一般の人にも『おめでとう』と言ってもらえた」と笑顔で話した。

 H難度の大技「シリバス」(後方抱え込み2回宙返り2回ひねり)を決めての金メダルに「練習に帰って『やれ』と言われても、そこまでいい演技できない。自分自身もよかったし、女子体操の強さもアピールできた」と胸を張った。

 一方、個人総合は平均台で落下して4位。予選はトップで通過しただけに、悔やまれる結果となった。「来年は床だけではなくて、個人総合のほうも力を入れたいと思っている」と目標を立てると、2020年東京五輪では「最強の村上」を目指すと宣言した。

「日本開催ということで、きっと相当な特別な思いがあると思う。初心に帰るじゃないですけど、それぐらいの軽い気持ちで演技ができるように、『最強の村上』って言ってもらえるぐらいもっと練習して頑張りたい」と複数メダル獲得を視野に入れた。

 また、自身の愛称について問われると、悩んだ末に「『ゴムまり娘』。そう呼んでください」と照れながら告白。「昔から力強い演技だったり、バネのある演技を目指してやっているので」との意味を込めた。