【体操】白井健三 全日本団体選手権で「シライ3」披露へ

2016年11月10日 19時39分

全日本体操団体選手権に出場する白井健三

 リオ五輪体操男子団体金メダリストの白井健三(20=日体大)が10日、五輪後初戦となる全日本体操団体選手権(11~13日、代々木第一体育館)の記者会見を行った。

 

 10月に紫綬褒章を受章したばかりの体操界のホープは、この日練習を公開。日体大のメンバーと入念にチェックした。

 

「さすがオリンピアンだなと思われる試合をしたい。所属でも練習の仕方やモチベーションの持っていき方を示して引っ張ってきたつもりですし、チームはまとまっています」

 

 リオ五輪で学んだのは「攻める大切さ」。そこで床運動ではリオ五輪でも構成に入れなかったH難度のシライ3(伸身リ・ジョンソン)を披露するつもりだ。

 

 残念ながら、尊敬する内村航平(27=コナミスポーツ)は今大会を欠場するものの、スピリットは白井の中に息づいている。

 

「航平さんは調子が悪くてもイヤな顔せず、毎日練習していた。そんな内面的な強さを僕も意識して練習しているんです」と語った。