【世界体操】内村に「土下座したい」と言わせた米倉英信が銀メダル「感謝の気持ちでいっぱい」

2021年10月24日 19時56分

跳馬で銀メダルの米倉英信(写真:アフロスポーツ)
跳馬で銀メダルの米倉英信(写真:アフロスポーツ)

 体操の世界選手権(24日、北九州市立総合体育館)の男子種目別「跳馬」で、東京五輪出場を逃した米倉英信(24=徳洲会)が14・866点で銀メダルを獲得した。

 跳馬のスペシャリストとして登場した米倉。1本目で自身の名前が付く最高難度の大技「ヨネクラ」を決めて15・000点、2本目は14・733点とし、初出場で表彰台に上った。

 米倉は東京五輪出場をかけてロンドン&リオ五輪連覇の内村航平(ジョイカル)と競り合い、わずか0・0001点差で涙をのんだ。大会初日に鉄棒から落下した内村は「米倉に土下座して謝りたい」と失意。東京大会に出られなかった借りをきっちり返した。

 試合を終えた米倉は「まず、あの舞台で演技できたことがすごくうれしい。福岡の地で皆さんに演技を見せられたことがすごくうれしくて、応援してくれた家族や親戚、僕を応援して見に来てくださった福岡の方々、すごく感謝の気持ちでいっぱいです」と笑顔で話した。

 また、大技「ヨネクラ」だけではなく、新たな技の会得も視野に入れる。「それが達成できれば金メダル取れるような選手になれると思います。向上心を持って頑張りたい」。すでに気持ちは2024年のパリ五輪へ向かっている。

関連タグ:

ピックアップ