【体操】白井健三引退 ライバル・中国でも速報「“ドラム式洗濯機”と称賛された」

2021年06月16日 17時24分

中国でも速報

 体操男子で2016年リオデジャネイロ五輪団体金メダルの白井健三(24=日体大教員)が16日、現役引退を表明した。日本のライバル中国でも速報。新浪体育は「白井健三が引退表明 ドラム式洗濯機と称賛された」と同国でのあだ名をつけ報じた。

 リオ五輪で日本史上最年少金メダルを獲得した“ひねり王子”。13年、17歳で出場した世界選手権床運動では、他を圧倒するひねり技を見せ優勝。体操が人気の中国では回転の速さから「すごくきれいになり、水が絞れる洗濯機のようだ」とドラム式洗濯機のニックネームがつけられた。

 記事では「13年世界選手権では4回ひねりで『ドラム式洗濯機』のような圧巻の演技を見せ優勝。一躍、有名になった。19歳でリオ五輪を制したが東京五輪には出場できなかった。会見は明るい表情で『すっきりしている。選手としての未練はない』と語った」などと記述している。

関連タグ: