【体操】キング内村航平、笑顔なき五輪内定…4大会連続出場決定もミス悔やむ

2021年06月06日 16時49分

鉄棒の演技を終え、肩を落として引き揚げる内村(代表撮影)

 体操の五輪個人総合2連覇・内村航平(32=ジョイカル)が6日、全日本種目別選手権(5日開幕、群馬・高崎アリーナ)の鉄棒決勝で15・100点をマーク。ミスもあって同種目の優勝を逃したが、東京五輪個人枠を争っていた跳馬(2本平均15・150点)の米倉英信(24=徳洲会)に競り勝って4大会連続出場を決めた。

 最終演技者として登場。会場の注目を一身に浴びる中、H難度のブレトシュナイダー(後方抱え込み2回宙返り2回ひねり)、カッシーナ、コールマンを成功。しかし、離れ技の後のアドラー1回ひねりでミスを犯してしまった。最後の着地はピタッと止めたが、演技後はミスを悔やみ、笑顔はなかった。

 ここまでの道のりは想像を絶するほど過酷だった。19年4月の全日本選手権で肩の故障でまさかの予選落ち。絶望の中で「夢物語」と形容し、世界選手権の代表から外れた。その後、肩が快方に向かうと五輪は「かなえられる夢」に変化したが、誰も予想しなかった新型コロナウイルスが世界を襲い、東京五輪は延期。未曽有の状況の中、キングは6種目オールラウンダーの誇りを捨て、種目別の鉄棒に専念し五輪出場に懸けてきた。

 夢をつかみ取り、東京五輪では3大会連続金メダルを目指す。

関連タグ: