【体操】寺本明日香が復帰プラン明かす「床は盛り上がる新曲。楽しみにしてください」

2020年08月27日 21時47分

 体操女子で左アキレス腱断裂からの復活を目指す寺本明日香(24=ミキハウス)が27日、報道陣のリモート取材に応じ、復帰戦となる来月の全日本シニア選手権(高崎アリーナ)への思いを語った。

 東京・北区の味の素トレーニングセンターで強化合宿に参加している寺本は「ナショナル(チーム)で集まってやると自分のモチベーションも上がるし、また試合に向けて頑張るぞという気持ちが入る」と気を引き締めている。

 そんな中、全日本シニアには4種目の出場を考えながらも「自分ではゆっくり仕上げてきたつもりだけど、(周囲から)『まだ焦らなくていい』と言われているので」と明かし、平均台と段違い平行棒の2種目を予定している。

 一方で寺本には温めているプランがある。「もしも床をやるなら」と切り出すと「技は『こんな技でいいのか?』というくらいしかできず、100%はできないけど、曲を変えて違う雰囲気の表現力を見せられたらいいなと。もし間に合ったら」という。

 実はフィギュアスケート女子で2014年ソチ五輪金メダリストのユリア・リプニツカヤさん(22=ロシア)の使用曲に〝ひと目ぼれ〟したようで「最初は悲しい感じから入って、後半で盛り上がる曲調。復帰戦ということでいいなと思った。楽しみにしておいてください」(寺本)。

〝輸入曲〟を使用する機会はいつになるのか。寺本の完全復活に注目が集まる。