体操「パワハラ問題」の費用3000万円! 第三者委員会の立ち上げで

2019年06月08日 19時57分

 日本体操協会は8日、都内で理事会を開催し、2018年度の決算報告が審議された。

 その中で昨年夏に明るみに出たパワハラ問題を調査する「第三者委員会」の設置費用が、2929万9197円だったことを公表。協会幹部によると「立ち上げの際、他競技の第三者委員会設置のケースを鑑みた上でこの金額になった」という。

 内訳は明かされなかったが、ほとんどが構成メンバーへの報酬とみられる。協会関係者は「妥当な金額だと思う」と語っている。