【体操パワハラ】塚原夫妻“二重契約疑惑”暴露で墓穴

2018年09月06日 11時00分

塚原副会長(右)と千恵子氏

 リオデジャネイロ五輪体操女子代表の宮川紗江(18)が4日、「パワハラがあった」と告発した日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)と塚原光男副会長(70)からの直接謝罪を拒否する意向を固めた。テレビ番組で塚原副会長が宮川の“二重契約疑惑”を持ち出したことに宮川サイドが激怒。うわべだけの謝罪として「和解案」を突っぱねたのだ。墓穴を掘り続ける塚原夫妻に、救いの手はあるのだろうか…。

 わずかに残されていた「和解」の可能性が消えた。宮川の代理人を務める山口政貴弁護士は「直接謝罪は受け入れない方向で考えている。謝罪に誠意が感じられないことに尽きる」と強い口調で塚原夫妻に返答した。

 塚原夫妻が宮川に直接謝罪の意向を示したのが2日前。これまでの言動が強烈な印象を与えてきただけに、当初から疑心暗鬼だったものの、宮川サイドは申し入れを受けるかどうか検討を重ねてきた。

 しかし、結果は「NO」だった。その理由について山口弁護士が「一番の原因」と指摘したのが、この日、テレビ朝日系「ワイド!スクランブル」などで放送された塚原副会長のインタビューだった。謝罪を口にする一方で、宮川に「二重契約問題」があったと言及。5月にレインボーと所属契約を結んだ後、別の会社との契約が発覚したため、トラブルになっていたのだという。番組内で「契約上のトラブル、二重ですかね」と語った。宮川が塚原夫妻から「パワハラを受けた」と訴えた7月15日の面談は、このトラブルについての聞き取り調査の意味合いもあったという。

 レインボーは公式サイトに3日付でコメントを発表。宮川サイドからスポンサー契約を解除したいとの申し入れがあり、現在は契約解除の方向で協議中だという。これまではすでに契約は解除されたと報じられてきた。その上で「解除に至った経緯や協議の内容等については、現在、弁護士を通じて協議をしている段階であること等から、お話しすることはできません」(原文ママ)と記しており、詳細については明らかにしていない。

 当の宮川サイドは疑惑を完全否定。山口弁護士によれば、もう一つの会社とは大阪体育大学のことで、宮川は昨年10月、大体大が設置する「DASHプロジェクト」のDASH認定アスリートとして専属契約を結んだ。合宿や振付師を呼んだ際の費用などを援助してもらう内容だった。

 山口弁護士は二重契約に当たるかどうかについて「単にスポンサーが2社あるだけ。内村航平選手がテーブルマークやリンガーハットと契約しているのと同じです」と説明。さらにレインボー側にも伝えていたという。

「5月にレインボーの社長さんに『実は(大体大と)こういうことをやっています』と話しました。社長さんにも『それはとてもいいですね』と言っていただいた」

 それだけに、塚原副会長のテレビでの発言は“悪意”としか受け止められないという。「二重契約という文言を持ち出して、いかにも悪いように言っている。こちらを少しでも陥れ、なんとか協会に返り咲きを狙っている魂胆が見えちゃう。(直接謝罪で)『ごめんなさい』と言われても、何の意味もない」と厳しく糾弾した。

 大体大との契約は現在は解消した。その理由についても、塚原夫妻が関わっていたという。

「イチャモンつけられたのでやめました。塚原千恵子さんがうるさく言ってくるんです。大体大の小林(隆)コーチ(7月20日に死去、元日本体操協会常務理事)は(宮川を指導する)速見(佑斗)コーチがすごく尊敬している先生だった。その先生を塚原千恵子さんが大嫌い。それで耐えられなくてやめたんです」

 パワハラを受けた被害者は加害者と対面するだけでも恐怖を感じるとされる。謝罪とは誠意があって初めて成り立つもの。テレビ局のインタビューで自身にこびりついた「悪」のイメージを払拭することに力を入れる塚原副会長の態度からは「誠意」はみじんも感じられないという。

“審判”は第三者委員会の調査結果に委ねられる。山口弁護士は「謝罪を受けても協会が変わらなければ何も変わらない」と塚原夫妻の影響力一掃を誓い、改めて徹底追及のポーズを取った。

 塚原夫妻は8月31日に発表した文書で宮川との会話の録音があると明かしたものの、批判を浴びて“自爆”した。この日の発言で再び墓穴を掘ることになりかねない。