【体操】大逆転でNHK杯V10 内村見えた!世界一奪還

2018年05月21日 16時30分

スタンドに手を振る内村

 体操男子のエース・内村航平(29=リンガーハット)が底力を見せつけた。20日のNHK杯(東京体育館)で前人未到の10連覇を飾り、2位の白井健三(21=日体大)とともに世界選手権(10~11月、ドーハ)個人総合代表を決めた。この日の6種目合計86・965点は昨年の世界王者、肖若騰(22=中国)の86・933点を上回る高得点。さらに「内村金メダル」を予想するデータも…。リオ五輪以来となる世界王座奪還が見えてきた。

 3位で迎えた最終種目の鉄棒。4つの離れ技をすべて決めた内村は鮮やかに宙を舞ってフィニッシュ。直後、力強くガッツポーズを決め、逆転Vを確信した。

 4月の全日本選手権は3位。それでも2位の白井とは0・500点の僅差だった。「『普通にやれば勝てるだろ』みたいなことは言ってました」(佐藤寛朗コーチ)。尻上がりに調子を上げ、体力も戻った内村に死角はなかった。全日本の得点を含む総合計は258・629点で白井に逆に0・734点差をつける圧勝。勝因を「ミスを出さずに着地を丁寧にまとめられた」と語ったように、誰よりも「美しい体操」で若手の追撃を振り払った。

 昨年の世界選手権で左足首を負傷し棄権。個人総合の連勝が40で止まった。全日本でも精彩を欠いたキングがいよいよ完全復活。世界選手権に向け、展望も明るい。ライバルになる世界王者の肖を、6種目合計の得点ではすでに上回った。肖は先週の中国選手権で88・150点を出して優勝したが、日本体操協会関係者はこう指摘する。

「(視察した)審判長から聞いたけど、甘い採点だった。『自分の採点だとトップが86点ちょっとぐらいしか出てないんですよね』って話だった。着地が決まると0・1プラスするとか本来のルールに上乗せして点数を出してる。内村が復活してくれば内村が強い」

 日本基準に置き換えると、肖の得点はこの日の内村以下というわけ。加えて、内村は技の難度を示すDスコアで上昇の余地を十分残している。

 世界選手権では個人総合のみならず団体戦も金メダルを目指す。内村は「団体で3位以内に入って、東京五輪の権利を取ることが最優先」と意気込んだ。ここでも最大のライバルは中国だが「層は日本のほうが厚い」と前出関係者。“大甘採点”だった中国選手権で6種目合計で82点を超えたのは4人。一方、NHK杯では13人が超えた。内村は個人としてもチームとしても全力で「世界一」の称号を奪いにいく。

関連タグ: