<女子ゴルフ ファイナルQT>勝みなみ ダメだと思った出場権獲得で号泣インタビュー撮り直し

2017年12月02日 14時00分

撮り直しのインタビューで勝に笑顔が戻った

 女子ゴルフの「ファイナルQT」最終日(1日、有馬CC=パー72)、11位から出た勝みなみ(19)は74とスコアを落としたものの、通算1アンダーの26位で来季前半戦の出場権を獲得した。トップ通過は高橋恵(21=伊藤園)で通算8アンダー。今季の実績では30位以内で前半17戦の全試合、40位でも8割程度の試合には出場できる。

 最終18番でティーショットを右にOBとし、ダブルボギー。他の組のスコアは全く分からない状況でホールアウトした勝は、来季はツアーに出られないと思い込んで大泣き。「来年はダメ。私、もう終わりです…」。テレビのインタビューにも泣きながら答えたほどだった。

 しかし、周囲のスコアを確認すると、実際は出場権獲得圏内にいることが判明。「すみません、もう一回…」と自らインタビューの撮り直しを頼んで、テレビ局のスタッフを苦笑いさせた。

 メンタル面の課題がQTを通じて見つかり「来季は別人になるつもりで、心を入れ替えて頑張りたい」。アマ時代に果たせなかったツアー2勝目へ、今オフの“変心”を誓った。