【米ツアー入れ替え戦最終戦】石川遼94位→45位で予選通過

2017年09月30日 12時00分

【フロリダ州アトランティックビーチ29日(日本時間30日)発】米ツアーと下部ツアーの入れ替え戦最終戦「ウェブドットコム選手権」(アトランティックビーチCC=パー71)2日目、94位からスタートした石川遼(26=CASIO)は8バーディー、2ボギーの65で回り通算6アンダーの45位で予選通過。初日に59をマークした故アーノルド・パーマーの孫、サム・サンダース(30=米国)が66で回り、通算17アンダーで首位を守った。

 来季ツアーの出場資格獲得にはプレーオフのランク25位以内に入ることが必要で、石川は前週までで22位。予選落ちだと即アウトとなる状況でこの日はスタートから5番までパーが続いた。

 6番パー5は2オンしながらイーグルパットを3メートルオーバーさせる嫌な流れ。それでもこれを決めてようやくバーディーを奪うと続く7番も取り、後半は5バーディーのラッシュだ。

 一時5アンダーまで伸ばしながら、2ホールで6つスコアを落とす悪夢にホールアウト後は悔し涙を流した前日から一転「このスコアで回れる自信はあった」と話す一方で「スコアにほっとしている気持ちは全くない。もっとできる」とも。

 現在の予想ランクは30位。残り2日が正念場となる。