【BMW選手権】松山「72」で56位発進

2017年09月15日 12時00分

【イリノイ州レイクフォレスト14日(日本時間15日)発】米男子ツアープレーオフ第3戦「BMW選手権」(コンウェイファームGC=パー71)初日、松山英樹(25=LEXUS)は2バーディー、3ボギーの72で回り56位で発進した。62で回ったマーク・リーシュマン(33=オーストラリア)が首位。

 パットが入らない。この日は3番で3メートルを決められずにボギーが先行。6番でもアプローチを寄せきれず、同じようにカップ横をボールが抜けてボギーとした。

 8番パー5は2オンに成功して初バーディーを奪ったが、334ヤードの15番パー4では、ワンオン狙いがグリーン手前のバンカーにつかまって、ボギーを叩いてしまう。

 18番パー5は2・5メートルがようやく決まってバーディーフィニッシュ。とはいえ、70人が出場してオーバーパーは14人しかいない伸ばし合いから完全に出遅れた。

 フェデックス杯ランク首位でプレーオフシリーズに入ったものの、初戦の「ノーザントラスト」は予選落ち。2戦目の「デル・テクノロジー選手権」は23位で、現在のランクは4位。出場者が上位30人に絞られる最終戦への進出は決めているものの、年間王者へ向けて2日目以降に巻き返したいところだ。