【国内ツアー】片山 27ホールの激闘制し準々決勝へ

2017年09月08日 14時00分

 男子ゴルフの国内ツアー「ISPSハンダマッチプレー選手権」4日目(7日、千葉・浜野GC=パー72)、4回戦8試合が行われ、昨季賞金王の池田勇太(31)、片山晋呉(44=イーグルポイントGC)らが準々決勝へ進んだ。

 片山は宋永漢(26=韓国)との27ホールに及ぶ熱戦に1アップで勝利。「こんな展開は考えられなかった。優勝以上の喜び」と興奮を隠さなかった。試合は午前9時40分に始まり、決着したのは午後3時25分。実に5時間を超え「途中、バナナを半分食べただけ。トイレにも行きたかったし、とにかく早く終わらせたかった」。力を尽くしたベテランは「この年齢で若手と差がなく戦えるのは幸せ」と満足感に浸った。

 また、ホストプロの谷原秀人(38=国際スポーツ振興協会)はH・W・リュー(36=韓国)に1ダウンで敗れ「パットが入らなかった。マッチプレーはあまり得意じゃない」と話した。