【ISPSハンダマッチプレー選手権】“小平流”で勝利も「マッチプレーは苦手」

2017年09月07日 14時00分

虎視眈々と優勝を狙う小平

 国内男子ツアー「ISPSハンダマッチプレー選手権」3回戦(6日、千葉・浜野GC=パー72)で、先週2位の小平智(27=Admiral)は出水田大二郎(24=TOSS)を2アンド1で下した。8月中旬のツアー外競技「ネスレ日本マッチプレー選手権レクサス杯」で2位に食い込んでいるが「マッチプレーは相手のプレーを見なくちゃいけないので、集中しづらくて苦手です」。

 対戦相手が1・5メートル程度のパットを残した際「外さないかなあと思って見ていると、自分のプレーに集中できない」。そのため、意外なほどあっさりOKを出すのが小平流の戦い方だ。

 優勝賞金は国内ツアー史上最高の5000万円。「魅力的ですけど、マッチプレーは毎日ゼロからなんで狙って取れる感じじゃない。すぐに負けたら恥ずかしいのであまり先のことは言いません」。虎視眈々と高額賞金を狙う。